路面de観光in松山!松山の路面電車を使って道後ぎやまんガラス美術館へ観光にいこう!


TOP > 観光スポット > 道後ぎやまんガラス美術館

道後ぎやまんガラス美術館とは

道後ぎやまんガラス美術館
まず気になるのはぎやまんって何のこと?っていうことですね。
「ぎやまん」とはガラス製品の古風な呼び方です。
ガラスを加工したり模様を描いたりするときにダイヤモンドを使っており、ポルトガル語でダイヤモンドという発音が「ぎやまん」と聞こえたためにそのように呼ばれるようになったそうです。
道後温泉本館の上にある「振鷺閣(しんろかく)」という場所にもぎやまんガラスが使われています。 そんな「ぎやまん」つまり昔のガラス製品などが多数展示されているのがこの道後ぎやまんガラス美術館です。

→道後温泉の詳細へ

道後ぎやまんガラス美術館の見どころ

道後ぎやまんガラス美術館
道後ぎやまんガラス美術館は、「山の手ガーデンプレイス」という施設の中にあります。
周囲にはきれいな庭園やカフェが併設されており、美術館だけではなく一息休むのにぴったりな落ち着く環境です。
夜にはライトアップもされるので、昼とは違った幻想的でロマンティックな雰囲気を味わうことができます。

道後ぎやまんガラス美術館の展示品
食器やグラス、装飾品などさまざまな作品が展示されています。
どれも非常に美しく輝いているのですが、驚くことにその作品は江戸時代・明治時代・大正時代に作られたものばかりということです。
長い時間が流れても、すばらしい作品の美しさというのは色褪せないのですね。

道後ぎやまんガラス美術館の展示品
このようなかわいいガラス製のランプ傘もたくさん展示されています。
自分の部屋にこんなオシャレなランプがあったらいいですよね。



道後ぎやまんガラス美術館
営業時間 9:00~22:00 (入館は21:30まで)
定休日 年中無休
料金 大人 600円 | 小人400円 | 小学生以下 無料
住所 〒790-0836 愛媛県松山市道後鷺谷町459-1
路面電車「道後温泉駅」より徒歩7分
電話番号 089-933-3637

※平成26年10月時点での情報です。