路面de観光in松山!!松山の観光のシンボルである坊っちゃん列車をご紹介!!


TOP > 坊っちゃん列車

坊っちゃん列車とは?

坊っちゃん列車は、明治21年の伊予鉄道開業から約67年に渡り、地域の発展と松山市民の足として活躍した蒸気機関車をモデルとした列車のことです。名前の由は、夏名漱石の小説「坊っちゃん」に登場し、主人公の坊っちゃんが乗ったことからそう呼ばれるようになりました。列車の電化に伴いその姿を消すことなりましたが、地元地域からの熱い声を受け、環境問題など数々の問題を解決し、2001年に伊予鉄道により復元されました。
エンジンにはディーゼル駆動方式を採用し、蒸気機関車特有の煙は、水蒸気により再現され、古き良き時代の姿そのままに松山の観光のシンボルとして活躍しています。

↑上へ戻る

坊っちゃん列車のみどころ!

現行車は2台

1号機関車 14号機関車

現在運行している坊っちゃん列車は2台あります。写真左が1号機関車(明治21製)、右が14号機関車(明治41製)です。大きな違いは、客車の仕様です。1号機関車は2両編成で1両につき18名(内座席12席)、14号車は、一両編成で36名(内座席22席)となっています。他にも運転席正面窓、煙突、給水筒、蒸気溜加減弁の形に違いがあるので探してみるのも面白いかもしれません。


坊っちゃん列車の方向転換

(↑クリックしたら画像が変わります)

人力での方向転換

坊っちゃん列車は、道後~松山市駅、道後~JR~古町を運行していますが、往復する際に方向転換を行います。

写真は、松山市駅前での方向転換の様子です。松山市駅前では、乗り場の目の前で行われるので、その様子がよく見られます。

客車は人力で押して路線変更するので乗務員さん総がかりでの作業です。


↑上へ戻る

実物の伊予鉄道一号機関車と客車の展示場所

実物の伊予鉄道一号機関車

梅津寺公園

梅津寺公園に展示されている実物の伊予鉄道1号機関車とレプリカの客車です。1号機関車は、日本国有鉄道指定記念物、県指定民俗資料に指定されています。

園内には紅梅・白梅150本、桜600本が植えられており、梅は1月下旬から2月中旬、桜は3月下旬から4月上旬が見ごろとなり、お花見スポットとしても有名です。

また、梅津寺駅から徒歩5分のところにある見晴山・大丸山では、「坂の上の雲」で有名の秋山兄弟の像が見られます。


梅津寺公園
住所 松山市梅津寺1386番地5
電話番号 089-951-0870
営業時間 9:00~17:00
休園日 毎週木曜日
入園料 50円
駐車場 180台(普通車:300円、大型車:700円)
備考 電車をご利用の場合は、郊外電車の高浜・横河原線、梅津寺駅から徒歩1分です。
※営業時間、料金等は、平成26年10月時点での情報です。

実物の客車

子規堂

子規堂に展示されている実物の客車です。伊予鉄道から受贈されたもので中に入って見物することができます。

子規堂については観光スポットをご覧ください。→観光スポット


↑上へ戻る

TOPに戻る